ホーム(電動歯ブラシラボ) > 機種データベース > フィリップス

フィリップス電動歯ブラシを超シンプルに比較するページ

管理人所有のソニッケアー

フィリップスの電動歯ブラシ「ソニッケアー」の各機種を分かりやすく比較したまとめページです。

2017/08/01

【目次】このページ内の行にジャンプします
▼グレードの違いで何が変わるか
▼ダイヤモンドクリーンディープクリーンエディション『HX9317/08』『HX9316/08』『HX9314/08』『HX9315/08』『HX9319/08』 って、なにが違うの?
▼フレックスケアープラチナ 『HX9195/29』、フレックスケアープラス『HX6927/08』 って、なにが違うの?
▼ガムヘルス 『HX8931/11』 って、なにが違うの?
▼ヘルシーホワイト 『HX6719/43』 『HX6769/43』 って、なにが違うの? ←管理人が保有しているモデル。レビュー動画多数あり
▼イージークリーン 『HX6521/01』 って、なにが違うの?
▼パワーアップ 『HX3110』 って、なにが違うの?
▼ソニッケアー キッズ 『HX6321/03』 って、なにが違うの?
▼替えブラシは、なにが違うの?

※メーカーカタログから削除されたモデルについては、ソニケア旧モデル比較ページをご覧ください。


グレードの違いで何が変わるか

ブラウンやパナソニックの電動歯ブラシは、製品グレードが変わるとブラシの振動数も変わってしまいます(下位グレードの製品は、上位グレードと比べてブラシの動きが遅いという事です)。

一方、フィリップスのソニッケアーは、ほとんどのモデルが毎分31,000回の振動数(※)です。
ソニッケアー最大の特徴であるソニックテクノロジーの音波水流(ブラシが直接触れない部分にも水流が当たって歯垢を落とすダイナミッククリーニングアクション)は、普及価格帯モデルでも体感することが出来ます。

ドラッグストアで販売されている廉価モデル「パワーアップ」のみ、振動数が毎分15,000となります。

ダイヤモンドクリーンディープクリーンエディション『HX9317/08』『HX9316/08』『HX9314/08』『HX9315/08』『HX9319/08』 って、なにが違うの?

ダイヤモンドクリーンディープクリーンエディションは、ソニッケアーの最上位シリーズです。
動作モードは5種類(クリーン・ホワイト・センシティブ・ガムケアー・ディープクリーン)。
グラス(コップ)型の充電器に本体を置く方法に加え、付属のトラベルケースを使ってUSB充電する事も可能。
電池残量が少なくなると点滅するインジケーター付き。
リチウムイオン電池を搭載し、24時間充電で3週間使用可能。
流通経路とカラーリングの違いにより現時点(2017年3月)で型番が10存在しますが、本体のスペックは同一です(Amazon限定モデルを除く)。
2016年9月発売(アメジストカラーのHX9319/08〔DAIGOモデル〕のみ2016年11月発売)。
旧モデル【HX9312/55・HX9308/80・HX9318/80・HX9352/55・HX9308/00・HX9318/00・HX9382/02】の情報はこちら。
旧モデルとの違いは以下の通り。
旧モデルに搭載されていたポリッシュモード(「歯を磨きあげ光沢を与える」とする1分間の動作モード)が廃止され、代わりにディープクリーンモード(「歯ぐきに心地よい刺激を与えながらしっかりと歯垢を落とす」とする3分間の動作モード)が搭載されました。
また、アダプティブクリーンブラシと呼ばれる新型ブラシが付属します。

HX9317/08 HX9316/08 HX9314/08 HX9315/08 HX9319/08
ローズゴールド ピンク ホワイト ブラック アメジスト
アダプティブクリーンブラシ(レギュラー)が1本、
ダイヤモンドクリーンブラシ(コンパクト)が1本、
舌磨きブラシが1本、合計3本のブラシが付属します。
アダプティブクリーンブラシ(レギュラー)が1本、
ダイヤモンドクリーンブラシ(レギュラー)が1本、
舌磨きブラシが1本、合計3本のブラシが付属します。
一部量販店でHX9307/08という型番のモデルが売られていますが、これはHX9317/08と同一の製品です。
同様に、HX9306/08HX9316/08 と同一、HX9304/08HX9314/08と同一、HX9305/08HX9315/08と同一、HX9309/08HX9319/08と同一です(販売ルート別に型番を分けているだけです)。
各動作モードの動画
クリーンモード(YouTube)
ホワイトモード(YouTube)
センシティブモード(YouTube)
ガムケアーモード(YouTube)
ディープクリーンモード(YouTube)
関連リンク
HX9317/08HX9307/08HX9316/08HX9306/08HX9314/08HX9304/08HX9315/08HX9305/08HX9319/08HX9309/08(ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
ダイヤモンドクリーンディープクリーン共通取説
Amazon.co.jp限定モデルについて
2015年モデルをベースとしたAmazon.co.jp限定モデルが発売されています。
充電器用グラス・充電機能付きトラベルケース・USB電源アダプタ・USBケーブルが付属しない廉価バージョンです。
グラスの代わりに充電器用スタンドが付属します。 
HX9302/51 HX9302/11 HX9302/61
ブラック ホワイト ピンク
レギュラーサイズの
ダイヤモンドクリーンブラシが
2本付属します。
レギュラーサイズの
ダイヤモンドクリーンブラシが1本、
レギュラーサイズの
インターケアーブラシが1本、
合計2本のブラシが付属します。
関連リンク
HX9302/51HX9302/11HX9302/61(ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
ダイヤモンドクリーン(2015年モデル)共通取説

フレックスケアープラチナ 『HX9195/29』、フレックスケアープラス『HX6927/08』 って、なにが違うの?

「いつまでも健康な歯と歯ぐきでいたい方に」と謳ったシリーズ。
電池残量が少なくなると点滅するインジケーター付き。
リチウムイオン電池を搭載し、24時間充電で2週間使用可能。
両モデルに共通して「フレックスケアー」という単語が使われていますが、仕様はかなり異なります。
2016年9月発売。
旧モデル【HX9172/28・HX9112/27・HX9162/28・HX9122/27】の情報はこちら

フレックスケアープラチナ
HX9195/29
フレックスケアープラス
HX6927/08
動作モードは3種類

クリーン
ホワイト
ディープクリーン
動作モードは4種類

クリーン
ガムケアー
リフレッシュ
センシティブ
 振動の強度調節が
可能(3段階)
強度調節は
不可能
ハードトラベルケース
付き
ソフトトラベルケース
付き
関連リンク
HX9195/29HX9135/29HX6927/08HX6926/08(ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
フレックスケアープラチナ取説
フレックスケアープラス取説

ガムヘルス 『HX8931/11』 って、なにが違うの?

「歯ぐきケアに特化」と謳ったシリーズ。
動作モードは2種類(クリーン・ガムプラス)。
振動の強さを「低/中/高」の3段階から選べる。
電池残量が少なくなると点滅するインジケーター付き。
充電時間は48時間と長めです(リチウムイオン電池)。
プロリザルツガムヘルスブラシのレギュラー(標準)サイズが1本付属します。
ソフトトラベルケース付き。
2016年9月発売。
ヘルシーホワイトプラス(2015年9月発売)にデザインやスペックが似ていますので、ガムヘルスはヘルシーホワイトプラスの改変(後継)モデルと言えるかも知れません。
ヘルシーホワイトプラス【HX8915/01・HX8911/01】の情報はこちら

HX8931/11
一部量販店でHX8991/11という型番のモデルが売られていますが、これはHX8931/11と同一の製品です(販売ルート別に型番を分けているだけです)。
関連リンク
HX8931/11HX8991/11(ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
ガムヘルス全モデル共通取説

ヘルシーホワイト 『HX6719/43』 『HX6769/43』 って、なにが違うの?

「約1週間で自然な白い歯へ」と謳ったシリーズ。
動作モードは2種類(クリーン・クリーン&ホワイト)。
「クリーン&ホワイトモード」は、通常動作であるクリーンモードで2分間動作した後に、ステインを取り去る為の前歯磨きモード30秒間に移行するというもの。
電池残量が少なくなると点滅するインジケーター付き。
リチウムイオン電池を搭載し、24時間充電で2週間使用可能。
2016年9月発売。
旧モデル【HX6715/43・HX6765/43・HX6714/43・HX6761/43】の情報はこちら
旧モデルとの違いはありません。型番のみ変更された同一商品です。

HX6719/43 HX6769/43
ブルー ピンク
標準ブラシ
付き
ミニブラシ
付き
一部量販店でHX6713/43という型番のモデルが売られていますが、これはHX6719/43と同一の製品です。
同様に、HX6763/43HX6769/43と同一の製品です(販売ルート別に型番を分けているだけです)。
レビュー動画(動画で使っているモデルHX6711/05は、現行モデルと同スペックです)
ソニッケアー(フィリップスの電動歯ブラシ)が水をはじき飛ばす様子(YouTube)
ソニッケアーのホワイトモード Philips sonicare white-mode(YouTube)
ソニッケアーのタイマー Philips electric toothbrush Sonicare timer function(YouTube)
関連リンク
HX6719/43HX6769/43HX6713/43HX6763/43 (ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
ヘルシーホワイト全モデル共通取説

イージークリーン 『HX6521/01』 って、なにが違うの?

「電動歯ブラシを初めてお使いの方に」と謳ったベーシックなシリーズ。
動作モードは1種類(クリーン)のみ。
電池残量が少なくなると点滅するインジケーター付き。
リチウムイオン電池を搭載し、24時間充電で2週間使用可能。
2016年9月発売。
旧モデル【HX6531/10・HX6520/50】の情報はこちら
旧モデルとの違いは、付属ブラシがプロリザルツプラークディフェンスブラシになった点だけです。

HX6521/01
一部量販店でHX6551/01という型番のモデルが売られていますが、これはHX6521/01と同一の製品です。
関連リンク
HX6521/01HX6551/01(ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
イージークリーン全モデル共通取説

パワーアップ 『HX3110』 って、なにが違うの?

HX3110
関連リンク
HX3110(ソニッケアー公式サイト)
取扱説明書(PDF)
HX3110

ソニッケアー キッズ 『HX6321/03』 って、なにが違うの?

Bluetoothでスマホと連携し、専用アプリを使ってゲーム感覚で歯磨きを学べるという子供(4歳〜12歳)向けモデル。
ミニサイズブラシが1つ付属(ヘッドの裏側がゴムでコーティングされている)。
動作モードは2種類(やさしい・さらにやさしい)。
電池残量が少なくなると点滅するインジケーター付き。
リチウムイオン電池を搭載し、24時間充電で2週間使用可能。
本体に貼れるステッカーが8種類付属。
2016年9月発売。

ソニッケアーキッズ
HX6321/03
関連リンク
HX6321/03(ソニッケアー公式サイト)
フィリップス、子供がゲーム感覚で正しい歯磨きを学べるスマホ連携の電動歯ブラシ(家電Watch)
取扱説明書(PDF)
HX6321/03

替えブラシは、なにが違うの?

ソニッケアーの替えブラシは、以下のモデルで互換性があります。

例えば、イージークリーンの本体にダイヤモンドクリーンブラシヘッドを付けたり、フレックスケアープラチナの本体にプロリザルツブラシヘッドを付けたり、…といった使い方が可能です。

ブラシヘッド
一覧表
アダプティブ
クリーン
歯垢除去:7
歯ぐきへの優しさ:3
ダイヤモンド
クリーン
歯垢除去:5
歯ぐきへの優しさ:2
インターケアー
歯垢除去:5
歯ぐきへの優しさ:2
センシティブ
歯垢除去:2
歯ぐきへの優しさ:5
プロリザルツ
ガムヘルス
歯垢除去:4
歯ぐきへの優しさ:4
プロリザルツ
プラーク
ディフェンス
歯垢除去:4
歯ぐきへの優しさ:2
レギュラー
サイズ

HX9043/01(3本組)
HX9045/01(5本組)
HX9043/35(黒・3本組)

HX6063/01(3本組)
HX6065/01(5本組)
HX6068/01(8本組)
HX6063/35(黒・3本組)

HX9003/01(3本組)

HX6053/01(3本組)

HX9033/01(3本組)

HX9023/01(3本組)
HX9025/01(5本組)
コンパクト
サイズ
-
HX6073/01(3本組)
HX6075/01(5本組)
HX6078/01(8本組)

HX9013/01(3本組)

HX6083/01(3本組)
- -

比較ページや比較動画を作ってありますのでどうぞ↓

関連リンク
替ブラシ/替ノズル 一覧(ソニッケアー公式サイト)

関連ページ
ホワイトニング長期テスト(ソニッケアーで本当に歯が白くなるか)
フレックスケアープラチナを買ったのでレビューしてみた
関連リンク
ソニッケアー公式サイト(フィリップス)
このページのトップに戻る

mixiチェックTweet